読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USCPA米国公認会計士への道

英語は話せないアラフォー女性の勉強日記

男26歳原点説

Youtubeで昔のお笑い番組をいろいろ見ていると、『いろもん』という番組に引退直前の上岡龍太郎さんが出ていました。

 

そこでお話しされていたのが、『男26歳原点説』。

 

いつ開くかという芽は、男は必ず26歳にあると思う。
26歳の時に「何を考え」「何を夢見て」「何をしたい」と思っていたか。
今までの作家にしろノーベル賞の人間などは、26歳に思ったことが花開いているだけなんです。
40歳になってから、新しいことなんか出来ない。
26歳の頃に思ったことが40歳になって、その力を得て実現出来るだけ。
26歳の時に何をやりたいと思っていたかで一生が決まる。
これが『男26歳原点説』。

でもその時は残念ながら力もないし、自分でやる場所もない。

でも、その思いはずーっ と埋もれ火のように胸に秘めとく。
それが35か40か50かもわからんけど花開く。
それがない人は、幾つになってもダメ。

 

わたし女ですけど、26歳のとき何をしたいと思ったかな?

 

上岡龍太郎さんはしゃべりがうまい、頭の回転早い!

 

temita.jp